エボルタNEO新チャレンジ_ノルウェー現地報告(後半戦)BLOG & NEWS BLOG

こんにちは! COLORS MAMAでございます。

ノルウェー現地報告、後半です♪

 

5月11日 続き

エボルタチャレンジに来て、ようやくカメラ昇降機がロープを走る時が来ました!

1000メートル以上のロープを張って、昇降機を設置するのは初めての体験です。

宙に浮いたロープに昇降機を空中作業で固定する際、寒さで手が悴み、何度も部品を落としそうに・・・。

「さあ!昇降テスト開始!」

連続昇降を継続し、しばらくしたら、肉眼で昇降機が見えなくなってしまいました。

昇降機を一旦停止し、望遠鏡で昇降機の捜索を開始。

「発見!」

昇降機はロープにきっちり抱きついて停止している。

操作も安定して制御出来ているので、安心して再度頂上に向けて再スタート!!

・・・・・ と思いきや、

「あれ?前進のはずが後退している?」

「あらららら?後退が始まった昇降機は降下が止まらず、ロープを流星の様に下って来て、

アッと言う間に(瞬間)途中の岩盤に激突・大破・・・・。何てコト?」

解析はホテルにて。

 

 

5月12日 曇り。

前日の大破を受けて、原因究明。

連続動作による耐久不足箇所を数点発見する事が出来ました。

即、対処し改めてロープへ設置して検証開始。

しかし天候が著しく悪くなる予報が続いており、現地対応メンバー協議の元、

崖下・崖上とも風が強く危険と判断され、ロープはこの日を最後に撤収となってしまいました・・・。

限られた時間内での検証はうまく行きましたのでご安心を。

 

ちなみに、今までの写真でも分かる様、広大な崖・岩になると尺度感が無くなります。

尺度感が少しでも分かるかと、岩と自分(マーシー初登場♪とんねるずのモジモジ君?)を比較してみました。

こんな岩がゴロゴロ転がっています。

 

5月13日 雨

崖下での検証作業を終了(前日にロープを撤収)したので、今日は、急遽ホテル付近に40m程度の長さでロープを簡易設置頂き、継続で不具合検証を開始しました。

終日、検証作業に時間を費やす事により、耐久性に対する考え方や、次回までの改善点を確認する事が出来ました。

 

 

 

5月14日 曇り

ロープを始め、すべての必要機材を撤収し、本番に向けた課題共有を現地応対メンバーで実施しました。

エボルタチャレンジのハードルの高さや、それを実現する為の各メンバーのプロフェッショナルな姿勢、

各パートでの反省点・改善点を協議した後、帰国に向け、空港近辺ホテル(スタバンゲル)に移動、

今回のノルウェー事前検証は終了となりました。

 

今回の事前確認において、前人未到のチャレンジがエボルタチャレンジである事や、

それを作り上げる各スタッフの力強さ、プロ意識を肌身で感じることが出来ました。

また、壮大な自然環境の厳しさや、カメラ昇降機がどんな課題を抱えているのか。

大変貴重な経験をたくさんさせて頂きました。(関係者の方々には、深い感謝と御礼をお伝えします)

 

本番は確実に成功させる為、帰国後、即日改善に励んで行く! と心に決めて、最後の夜を過ごしました。

(サーモン美味い)

 

5月15日 帰国移動、5月16日 無事日本に帰国致しました。

 

 

 

以上が現地での様子です。

美しい景色の中でありながら、大自然の過酷な状況にさらされたリハーサルでした。

厳しい自然と戦うプロ集団の意気込みを感じました。

本番まであと1ヶ月!

改めて1000メートルという高さを確認しましょう。

ノルウェーのリーセフィヨルド・シェーラグ山は東京タワーの3倍です!

この高さをエボルタNEO君は、ひたすらひたすら登り続けます。

是非応援して下さい。

そして、エボルタNEO君の目線で同行する「カメラ昇降機」の映像を

是非是非「生放送」でご覧になって、コメントと共に応援して下さい!

 

 

本番近くになりましたら、逐次ご報告させていただきます!

では本番でお会いしましょう。

 

 

2017.06.06 (Auther: COLORS MAMA)

PAGETOP